“雲のやすらぎ”布団のデメリットってある?

雲のやすらぎ布団のデメリットってある?

雲のやすらぎ布団は、腰に負担がかからないと評判ですが、デメリットはあるのでしょうか。

 

多くの人が高機能なこの敷布団のお陰で様々な悩みを解消していますが、デメリットを挙げるとすれば、値段が少し高いことです。

 

それ以外では、重いので押し入れや布団干しが大変とか、硬い敷布団が好みの人には不向きというものです。

 

しかし、雲のやすらぎ布団は、無理して布団干しをする必要はなく、布団乾燥機を利用すると良く、オールシーズン使えるので年中敷きっぱなしでも問題ありません。

 

硬さについても、実際は程良い固さで底つき感もないと評価されています。

 

値段は確かに高いですが、敷布団は毎日使うものなので、一度買えば何年でも使用できます

 

雲のやすらぎ布団は確かにデメリットもありますが、それを上回るメリットがあるので、高い評価を得ています。


雲のやすらぎの口コミ

雲のやすらぎは、慢性的な腰痛に苦しむ人におすすめで、腰痛で悩んでいる人から非常に高い評価を得ています。

 

口コミでの人気は非常に高く、朝起きるとき腰が痛くなくなったという人が非常に多く、このふとんのお陰で、多くの人が腰痛を解消しています。

 

雲のやすらぎで寝始めてから、熟睡できるようになった人も多く、特別な努力なしで、寝るだけで調子がよくなるので、最高と絶賛しています。

 

快眠できるので、肌の調子までよくなったという声もあります。

 

あまりにも口コミが良いので、実際に検証してみたのですが、確かに、腰の痛みはけっこう緩和され、朝起きるのがとてもラクになりました。

 

疲労感も改善され、熟睡できるようになったのも確かでした。

 

しばらく使用しても、凹んだりしないところも評価できます。

 

宣伝にあるように、さすがに浮いているような感じまではありませんが、腰痛がかなり改善したのは事実です。

 

実際に使用してみて、腰の調子が良くなり、整体に行く必要がなくなったので、高価ではありますが、自分にとっては良い買い物だったと言えます。

 

雲のやすらぎとはどんな布団?(全体的な特徴・メリット)

 

雲のやすらぎは夏は涼しく冬は暖かいオールシーズン使用のふとんで、腰や肩などにとても優しい設計になっています。

 

何と言っても寝心地が抜群で、98%の人が寝心地に満足していると回答しているのが、何よりの証拠です。

 

雑誌やテレビなどで絶賛されている敷布団なので、試してみる価値は絶対にあります。

 

雲のやすらぎは、心地よい眠りを徹底的に追及することで開発された敷布団です。

 

まるで雲の上で寝ているかのような寝心地を実現するために、細部に至るまでさまざまな工夫がなされています。

 

 

厚さ17cmのボリュームの中は、5層構造となっています。

 

片面の表面には秋冬用として高品質フランス羊毛「ロレーヌダウン」を贅沢に使用しています。

 

高級感があふれるだけでなく、優れた吸湿性と保温性により最適な睡眠環境を維持し、さらに適度な弾力性でやさしく体を包み込みます。

 

もう片面には春夏用としてテイジンが開発した化学繊維による「マイティトップU」を採用しています。

 

防ダニだけでなく防菌防臭に優れており、暑い時期にも涼しく快適に眠ることができます。

 

このように季節によって両面を使い分けるリバーシブルの敷布団となっているのも大きな特徴です。

 

 

その内部には、体圧を拡散させるための工夫が凝らしてあります。

 

「クロスクラウド製法」とよばれるもので、中心にあるスプレッドマットとその両側にある表面が凹凸加工されたアルファマットの組み合わせにより、体圧を縦横双方に拡散し、体に負担がかからないようになっています。

 

寝ている時の背骨がS字カーブを描く状態が理想とされていますが、雲のやすらぎではこれを見事に実現しています。

 

寝返りを打っても無理がかからないというほど寝心地がよく、腰痛や肩こりなどでお悩みの方、また不眠症でお困りの方にもピッタリの敷布団です。

 

日本国内の工場で丁寧に製造されていますから、安心して使うことができます。

 

寝心地の良い布団ってどんなの?

まるで雲の上で寝ているかのようだ評価され、モニターアンケートではなんと98%の方が寝心地に満足しているという“雲のやすらぎ”の一体どの部分にその秘密があるのでしょうか?

 

それは、安らかな眠りを徹底的に追及することで実現した、厚さなんと17cmものボリュームのなかに作り込まれた5層構造にあります

 

中心部分に横向きの繊維でできたスプレッドマット、そしてその両面に縦方向の繊維でできたアルファマットによって、寝ている間の体圧を縦横に分散させ、体をやさしく支える仕組みとなっています。

 

アルファマットは表面が凹凸加工されており、体圧を点で支えます。

 

睡眠中の体の背筋を直立姿勢と同じS字カーブに保ち、腰や肩などへ負担がかからないようにする働きがあります。

 

さらに寝返りを打った場合でもそのままの姿勢で体の負担を無くし、心地よい眠りを維持することができます。

 

 

その外側には、高級フランス羊毛であるロレーヌダウン、裏面には防ダニ効果に優れたマイティトップUを採用しています。

 

秋冬シーズンには保温性や吸湿性に優れたロレーヌダウンを、春夏シーズンには裏面の防菌防臭にも優れているマイティトップUを使うというリバーシブル構造で、1年を通じて快適に眠れる仕組みとなっています。

 

 

このように雲のやすらぎは、眠りを研究した機能性敷布団として、また高品質の羊毛を贅沢に使用した高級羊毛布団としての両面から、最高の眠りを実現する敷布団であるといえます。

 

腰痛・肩こりと雲のやすらぎの関係性について

雲のやすらぎが採用している「クロスクラウド製法」は、寝ている間に背骨を縦の凸凹でしっかりと支えて、さらにその体圧を横に伸びる繊維で逃がします。

 

筋肉と同じ程度の柔らかさで支えますから、程よい固さで心地よく眠ることができるのです。

 

通常の布団よりも沈み込みが非常に少ないため、柔らかすぎず固すぎず、ふんわりと包み込まれるようなとても良い寝心地となります。

 

 

雲のやすらぎは、腰痛や肩こりでお悩みの方にとっても、まさにピッタリの敷布団といえます。

 

その理由は、睡眠中の姿勢にあるといわれています。

 

柔らかい布団で寝ると、睡眠中に腰が沈みすぎることになります。

 

その結果腰に無理な姿勢となって腰痛を引き起こす原因になります。

 

逆に固すぎる布団に寝ると、睡眠中に決まった部分にだけ体圧がかかっていることになるため、その部分がうっ血したり擦るなど負荷がかかってしまいます。

 

寝ている間に肩こりや腰痛になってしまう原因ともなってしまいます。

 

 

寝ている時には背骨がS字カーブを保持する形で、特定の場所に体圧がかからないよう体全体を均等に支えるような布団が望ましいものです。

 

その点においても、雲のやすらぎは理想的な敷布団といえるでしょう。

 

睡眠中に腰や肩に無理がいかないような構造となっています。

 

睡眠中もまた、立派な整体といえます。

 

腰や肩のケアを入念に行ったとしても、睡眠がいい加減では何の意味もありません。

 

その意味からも、雲のやすらぎはおすすめです。

 

 

とりあえず雲のやすらぎの詳細をみてみる

↓ ↓ ↓ ↓ ↓